瀬戸大也は不倫報道から復帰初V 狙うは「助成金」支給再開

公開日: 更新日:

 不倫騒動で活動停止処分を受けた競泳男子日本代表の瀬戸大也(26)が4日開幕のジャパン・オープン(東京アクアティクスセンター)で復帰。 初日の400メートル個人メドレーでいきなり4分12秒57で優勝を飾った。レース後にまずは、一連の不祥事を謝罪すると「4分10秒台を狙っていたけど、切れなかった。まだ、五輪では戦えないので、(今後は)目の前のことをしっかりとやっていきたい」と、約5カ月ぶりの実戦を振り返った。

 同日午前の予選では幼少の頃から切磋琢磨してきた萩野公介(26)と同組となり、隣同士のレーンでレースを展開。全体6位の萩野を上回る同2位で決勝進出を決めたが、2人のスイミングキャップから境遇の違い、不倫の代償が改めて浮き彫りになった。

 所属するタイヤメーカーやスポンサー企業のロゴ入りキャップをかぶった萩野とは対照的に、瀬戸の帽子には提供を受けたスポーツ用品メーカーのブランド名のみ。女性問題でケチをつけ、スポンサー契約を解除された航空会社のロゴはきれいさっぱりと消滅。キャップだけを見れば、ライバル同士の格差は一目瞭然だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

  2. 2
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

  3. 3
    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

  4. 4
    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

  5. 5
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  1. 6
    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

  2. 7
    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

  3. 8
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」

    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」