“出番消滅”南野のサウサンプトン電撃レンタル移籍は大正解

公開日: 更新日:

 冬の移籍期間最終日の2月1日、英プレミアリーグ・リバプール所属の日本代表MF南野拓実(26)が、今季終了までのレンタルで、同リーグ12位のサウサンプトンに加入することが発表された。

 昨季プレミアを制した王者リバプールでポジションを失い、どうしても<都落ち感>が付きまとうが、それでも英プレミアの中堅チームから即戦力として引き抜かれたこと自体、そんなに悲観する必要はないだろう。

 エースはチーム最多7得点のFWイングス。4得点のFWアダムス、4得点のMFプラウズ以外のMFレドモンド、FWロング、MFジェネポら攻撃系選手との定位置争いが予想されるが、攻撃的な右サイドとしてレギュラーを張っていたFWウォルコットが1月30日のアストンビラ戦で負傷退場。現地では「即戦力のミナミノがウォルコットの代役を務める」と報じられている。

「ハーゼンヒュットル監督は、南野がプレーしていたオーストリア1部ザルツブルクと同じグループであるドイツ1部ライプツィヒで采配を振って結果を残し、それから2018年にサウサンプトンに移った。南野は、指揮官の戦術<ボールを失った瞬間にハイプレスをかける><奪ってから短時間でシュートに持ち込む>をザルツブルク時代から習得している分、サウサンプトンに馴染むのも早いでしょう」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 サウサンプトン移籍は大正解かもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質