羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

渋野に熱愛報道 結果出せばとやかく言われる筋合いはない

公開日: 更新日:

 今年に入って米ツアーの松山英樹が苦戦しています。

 先週の「ファーマーズ・インシュランス・オープン」は通算1オーバー53位。初日に続き、決勝ラウンド2日間もアンダーパーで回ることができませんでした。ここまでの3戦(初戦41位、2戦目19位)はショットに問題がなく、グリーン上がうまくいっていません。

 松山のパッティングは大きめの振り子ストロークであり、ボールにタテ回転を与えて直進性のよさが特徴です。ところが目のきついポアナ芝ではイメージ通りに転がってくれません。さらにコンパクションが軟らかいため、カップ回りの足跡も気になり最初の打ち出しからラインを外れることもありました。硬いグリーンの高速設定になれば違和感もなくなりますが、ストレスも相当たまっているはずです。

 とはいえ先週も初日119位タイと大きく出遅れてから、2日目にしっかり予選を通過。決勝に進出して4日間戦うというプロとして最低限のノルマはクリアしてます。

 ここ3シーズンは優勝から遠ざかっており、まだ勝つための明確なモノをつかみ切れていないのかもしれない。新たにコーチと契約したり、ドライバーを替えて飛距離アップを目指し、打ち方もいろいろ試しており、何かを見つけようと一生懸命です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 3
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 4
    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

  5. 5
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

  1. 6
    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

  2. 7
    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

  3. 8
    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

  4. 9
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  5. 10
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ