渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

公開日: 更新日:

 渋野日向子(22)が、テレビ東京の野沢春日アナウンサー(31)との都内高級ホテル“お泊まり愛”をフライデーされた。

 出会いは昨年1月に放送されたテレ東のスポーツ番組への出演がきっかけだったようだ。

 2人とも大の大人で、隠れてコソコソする必要もないのだが、そこはやはり、開催されれば東京五輪金メダルの可能性が高い日本ゴルフ界の宝であり、ファンやスポンサー企業の手前もあって大っぴらにできない大人の事情もあったのだろう。

 ただ、女子プロの場合、絶頂期に恋愛が発覚してから不振に陥り、第一線から姿を消していったケースは少なくない。

 7年前(2014年)には、賞金女王に立ち圧倒的な強さを誇った森田理香子を巡り、トレーナーとの熱愛が発覚した。森田はその後、賞金シードを逃し、復活できないまま今ではツアーにも出場していない。

 古くは谷福美が有名だった。日本女子オープン、日本女子プロ選手権と、1987年からの4年間で11勝。破竹の勢いを見せてポスト岡本綾子の筆頭に名乗りを上げた。ところが、指導してきた父親(プロゴルファー)の言うことを聞かなくなり、成績は急降下。恋人の存在が発覚した時期と重なった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差