渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

公開日: 更新日:

 渋野日向子(22)が、テレビ東京の野沢春日アナウンサー(31)との都内高級ホテル“お泊まり愛”をフライデーされた。

 出会いは昨年1月に放送されたテレ東のスポーツ番組への出演がきっかけだったようだ。

 2人とも大の大人で、隠れてコソコソする必要もないのだが、そこはやはり、開催されれば東京五輪金メダルの可能性が高い日本ゴルフ界の宝であり、ファンやスポンサー企業の手前もあって大っぴらにできない大人の事情もあったのだろう。

 ただ、女子プロの場合、絶頂期に恋愛が発覚してから不振に陥り、第一線から姿を消していったケースは少なくない。

 7年前(2014年)には、賞金女王に立ち圧倒的な強さを誇った森田理香子を巡り、トレーナーとの熱愛が発覚した。森田はその後、賞金シードを逃し、復活できないまま今ではツアーにも出場していない。

 古くは谷福美が有名だった。日本女子オープン、日本女子プロ選手権と、1987年からの4年間で11勝。破竹の勢いを見せてポスト岡本綾子の筆頭に名乗りを上げた。ところが、指導してきた父親(プロゴルファー)の言うことを聞かなくなり、成績は急降下。恋人の存在が発覚した時期と重なった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”