バスケ国際大会は日本からドーハへ…背景にコロナ対策の差

公開日: 更新日:

 ひとつの国際大会が日本から離れていった。

 国際バスケットボール連盟は22日、2月中旬に日本で行われる予定だった男子アジアカップ2021予選(B組)の開催地を、コロナ禍の影響によりカタールの首都ドーハに変更することを発表した。

 白羽の矢が立ったカタールは、2月4日からサッカーのクラブW杯も開かれるが、同国もコロナの感染者数は少なくない。例えば、17日から23日の1週間を見てもカタールは人口10万人あたりの感染者数が59・4人。日本は29・7人。日本のほうがまだマシだ。

 それでも開催地がドーハに移ったのは、カタールにおけるスポーツイベントの感染症対策が、日本と比べものにならないほど徹底されているからだろう。

 AFP通信によると、カタールはクラブW杯開催にあたり、国外観客の受け入れは禁止。さらに約4万人収容の会場も入場者数は30%に制限。観客は試合開始の72時間前までに簡易PCR検査か抗原検査を受けることが必須であり、陰性者にのみチケットを渡すという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  2. 2
    グラドル清水あいり 月収3ケタ公表前の壮絶貧乏生活「真っ暗な部屋で号泣しました」

    グラドル清水あいり 月収3ケタ公表前の壮絶貧乏生活「真っ暗な部屋で号泣しました」

  3. 3
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

もっと見る

  1. 6
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  2. 7
    キンプリとSnow Manの冠番組を比較検証 バラエティー番組での「嵐の後継者」はどっち?

    キンプリとSnow Manの冠番組を比較検証 バラエティー番組での「嵐の後継者」はどっち?

  3. 8
    ハチミツ二郎さんが告白 コロナ感染から1年以上経った今も「手のしびれ、倦怠感が…」

    ハチミツ二郎さんが告白 コロナ感染から1年以上経った今も「手のしびれ、倦怠感が…」

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    竹下景子がコロナ陽性も“マスコミ自粛警察”は下火に…芸能人が積極的に感染報告のナゼ

    竹下景子がコロナ陽性も“マスコミ自粛警察”は下火に…芸能人が積極的に感染報告のナゼ