貴景勝“カド番M1”で休場…押し相撲での綱とりは時間僅か

公開日: 更新日:

 大関貴景勝(24)が、カド番まで「マジック1」となったところで休場となった。10日目の19日、日本相撲協会に休場を届け出た。

 18日は遠藤の引き落としで今場所7度目の土。綱とり場所だったはずが、あと1つ負ければ来場所カド番という体たらくだった。

 今場所は武器である突き押しに威力がなく、立ち合いでしっかり踏み込んで当たっても相手をほとんど押せていない。先場所優勝の力士とはまるで別人で、親方衆の間では「足か腰を負傷しているのではないか」「内臓に不安があるのかもしれない」などと、さまざまなウワサが飛び交っている。

 そのうちのひとりは「不調の原因は定かではないが」と、こう続ける。

「いずれにせよ、貴景勝に残されたチャンスはそう多くない。貴景勝は押し相撲一本で上がってきた力士です。四つ相撲ならば年を取って肉体が多少衰えようが、少しくらいのケガをしようが、組んでからの技術でカバーできる。ところが貴景勝のようにパワーありきの押し相撲だと、衰えや負傷を技術でカバーすることが難しい。押し相撲だけで横綱を目指すなら、チャンスは若いうちしかない。稀勢の里(現荒磯親方)のように何度も綱とりに挑戦し、30歳で昇進というのはまず、ありえませんよ」

 横綱の昇進条件は「2場所連続優勝、あるいはそれに準ずる成績」。安定感に欠けるといわれる押し相撲では、ただでさえハードルが高い。

 もっとも、当面は綱とりどころか、大関から陥落しないことが最優先だが……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  3. 3
    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

  4. 4
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  5. 5
    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

  1. 6
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  2. 7
    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

  3. 8
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  4. 9
    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

  5. 10
    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ

    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ