菅野G残留決定で加速 若手優良株「早期メジャー」の直訴

公開日: 更新日:

■好条件と年齢の関係

 先日、ポスティングによるメジャー移籍を目指していた巨人菅野智之(31)が残留を決断した。

 渡米してメジャー球団との交渉に臨んだものの、「100%自分で納得できるものではなかった」と話し、特に条件面で折り合いがつかなかったと明かした。

 米在住のメジャースカウトがこう指摘する。

「菅野は、2019年にマリナーズと4年約58億円で契約した菊池雄星(当時27)と同等かそれ以上の条件を希望していたといわれている。メジャーが菅野が納得する契約を提示しなかったのは、31歳という年齢に付随する何らかの理由があるはずです。菅野は以前から腰に不安を抱えているようだが、例えば契約条件を左右するような『キズ』が判明したケースも想定されます。投手として数十億円規模の大型契約を締結するとなれば、獲得に乗り出した球団はメディカルチェックで菅野の『キズ』を丁寧に調べますから」

 それで言うと、ツインズの前田健太(32)は15年オフにドジャースと8年総額約30億円プラス出来高という「格安契約」を結ばざるを得なかった。前田本人が「身体検査でイレギュラーな点があった」と話したように、古傷の存在が契約内容を大きく左右した。

「投手の肩肘は消耗品。新たにメジャー挑戦する日本人選手が好条件を得るためには、メディカルチェックに引っかからないことが重要。若くしてケガをするケースもゼロではないが、使い減りしていない若いうちに挑戦した方がいい。ダルビッシュはメジャー移籍後、28歳でトミー・ジョン手術を受けた。ある程度の年齢になると、どうしてもケガが増える。菅野は29歳シーズンの19年に腰痛を患い、成績を落としている。野手に関しても年齢は大切な要素になります」(前出のスカウト)

 いずれにせよ、日本でトップクラスの実力を誇る菅野が交渉不成立になった。これが今後、メジャー志向がある日本人選手の動向に影響するのは間違いない。

 現在、数年来にわたって球団にポスティングによるメジャー挑戦を直訴している主な選手は、ソフトバンクの161キロ右腕・千賀滉大(27)と、5年連続で3割、20本をマークするなど走攻守三拍子揃った広島鈴木誠也(26)。米球界関係者は、「基本的に千賀や鈴木のような20代のトップクラスの選手は、コロナ禍が契約条件にマイナス影響を及ぼすことはないのではないか。現行のポスティング制度は、交渉期限(申請翌日から30日間)があるものの、FAと同様に手を挙げた全ての球団と交渉できる。千賀や鈴木ならば、すぐにでも獲得したい、という球団が出てくるでしょう」。

 広島は前田や菊池らのポスティングを容認した実績がある。鈴木は順調にいけば22年オフに国内FA権を取得する。早ければ今オフにも、メジャー挑戦する可能性がある。

 一方の千賀は、ソフトバンクがポスティングを認めていない。ただ、同球団の三笠GMは昨年、千賀との契約更改後に「どんな意思決定もそうだが、一度決めたら変えないということではない」と、含みを持たせた。

コロナによる大減収

「日米間の資金力の差も、選手のメジャー志向を加速させる可能性がある」

 とは、球界OB。

「日本の球団は、入場料収入を柱としてきたが、昨季はコロナ禍により観客動員に制限がかけられ、数十億円規模の大幅な減収となった。今もコロナ感染者が増え、東京などに緊急事態宣言が発令された。今年もコロナによる減収は必至です。新たなビジネスモデルを構築しないことには、ただでさえ高いと言われる年俸を払い続ける余裕はなくなっていくでしょう」

 その点メジャーは、米国内でのコロナの状況は日本より深刻だが、各球団の経営面のダメージは日本よりもマシだともっぱらだ。昨季の無観客開催により入場料収入は大幅減になったものの、各球団は全米ネット局との放映権契約の分配金約50億円を受け取れる上に、地元のローカル放送局から莫大な放映権料が得られる。

 前出のOBが続ける。

オリックス山本もメジャー志向

「千賀や鈴木より年下の選手にも、メジャー予備軍がいる。最速158キロ右腕のオリックス・山本由伸(22)、下手投げ右腕のソフトバンク・高橋礼(25)に加え、昨季のパ・リーグ新人王の160キロ右腕の西武平良海馬(21)あたりも、メジャーが注目している。中でも山本はメジャー志向があるようです。若手選手が年齢と資金力の差を考慮し、これまで以上に早い段階で球団にメジャー挑戦の意向を直訴、米球界へと羽ばたくという流れになっても不思議ではありません」

 菅野の巨人残留は、日本人選手のメジャー挑戦の若年化を促す契機になるかもしれない。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 野球のアクセスランキング

  1. 1

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  1. 6

    朗希の“歯車”は「開幕前からズレていた説」急浮上…メジャー挑戦どころじゃない深刻事態

  2. 7

    大谷がいちいち「大袈裟に球を避ける」のは理由があった!弱点めぐる相手投手との暗闘の内幕

  3. 8

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  4. 9

    「Sの赤ちゃんをつくってみてはどうだ」元野球部長の法政大学教授による女性部員へのセクハラ事案が発覚!

  5. 10

    ドジャース投壊深刻…大谷はレッドソックス戦力外の“兄貴分”上沢直之獲得を進言できないか?

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント