MLBはコロナ禍でも通常開催へ…楽観方針でNBAの二の舞懸念

公開日: 更新日:

 米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッドコミッショナーが楽観的な方針を示した。全30球団に対し、今季は従来通り2月中旬にキャンプインし、レギュラーシーズンは162試合の通常開催に向けて準備するよう通達したのだ。

 メジャーは昨季、コロナ禍により60試合制で実施し、選手は本来の年俸から約37%の減額を強いられた。コミッショナーは162試合制に戻し、年俸の満額支給を求める選手会側に配慮したものとみられる。昨季はメジャー全体で3000億円近い損失を被ったこともあり財政悪化を食い止めたい各球団の思惑も見え隠れするが、キャンプ、オープン戦、レギュラーシーズンを強行すれば悲惨な状況に陥りかねない。

 折しも、昨年12月下旬に開幕したプロバスケットボールNBAでは感染者、濃厚接触者が続出し、すでに4試合が延期になった(現地11日終了時)。昨季、ファイナルで準優勝したマイアミ・ヒートは故障者も出たことから、規則で定められたベンチ入りメンバー8人を確保できずに10日のボストン・セルティックス戦の実施を断念した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮