MLBはコロナ禍でも通常開催へ…楽観方針でNBAの二の舞懸念

公開日: 更新日:

 米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッドコミッショナーが楽観的な方針を示した。全30球団に対し、今季は従来通り2月中旬にキャンプインし、レギュラーシーズンは162試合の通常開催に向けて準備するよう通達したのだ。

 メジャーは昨季、コロナ禍により60試合制で実施し、選手は本来の年俸から約37%の減額を強いられた。コミッショナーは162試合制に戻し、年俸の満額支給を求める選手会側に配慮したものとみられる。昨季はメジャー全体で3000億円近い損失を被ったこともあり財政悪化を食い止めたい各球団の思惑も見え隠れするが、キャンプ、オープン戦、レギュラーシーズンを強行すれば悲惨な状況に陥りかねない。

 折しも、昨年12月下旬に開幕したプロバスケットボールNBAでは感染者、濃厚接触者が続出し、すでに4試合が延期になった(現地11日終了時)。昨季、ファイナルで準優勝したマイアミ・ヒートは故障者も出たことから、規則で定められたベンチ入りメンバー8人を確保できずに10日のボストン・セルティックス戦の実施を断念した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す