森保JカタールW杯への懸案事項は両サイドバックの人材不足

公開日: 更新日:

 2022年の11月21日に開幕するカタールW杯(12月18日閉幕)。

 森保一監督(52)率いる日本代表は3月、新型コロナ禍で延期されていたW杯アジア地区2次予選を戦う。

 まずは25日にミャンマー(横浜)、同30日にモンゴル(アウェー)と対戦。6月7日にはタジキスタン、同15日にキルギスと戦う(いずれも大阪)。同月にはキリンチャレンジカップ2試合が予定され、いよいよ森保ジャパンが、本格始動する。

 17年10月、東京五輪の代表監督に就任した森保監督は18年7月、A代表の監督に就任してトルシエ元監督以来の兼任監督に収まったが、A代表が抱えていた<2つの懸案事項>は、森保体制後も改善されていない。

 日本代表のサイドバックといえば<左の長友佑都=34>に<右の酒井宏樹=30>が、長らくレギュラーを務めてきた。現在フランス1部マルセイユのチームメート同士だが、年齢的な衰えもあって攻守に精彩を欠くことが増え、20年12月末の国内リーグ戦では先発した2人がミスを連発。酒井は前半の45分で、長友は後半29分でベンチに強制送還され、地元メディアから「難破した日本人の両翼が20年を最悪のプレーで締めくくった」と酷評された。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟