大相撲初場所の注目は土俵より白鵬と鶴竜の「去就と言動」

公開日: 更新日:

 令和3年、一発目の本場所が大きな転機になるかもしれない。

 10日に初日を迎える大相撲初場所。最注目は大関貴景勝の綱とりだ。先場所、自身2度目の賜杯を掴み、今場所も連続Vならいよいよ土俵の頂点に立てる。

 もちろん、他の力士がそれをすんなり許してくれるわけではない。11月場所で千秋楽まで貴景勝と優勝を争った照ノ富士は、大関の地位への返り咲きを狙っている。現役大関を倒せば自身の評価につながり、昇進の材料になるだろう。カド番の2大関、朝乃山正代もこのまま脇役に甘んじているわけにはいかない。

 しかし、土俵上の注目とは別に、角界に波乱を巻き起こしそうなのが2人の横綱、白鵬(35)と鶴竜(35)だ。

 いずれも近年は休場が多くなり、11月場所後に横綱審議委員会から「引退勧告」の次に重い「注意」の決議を受けた。1月場所も休むようなら、それこそどうなるか。ケガがちの横綱2人だが、ここにきて「休場」という選択肢を断たれたに等しい。

 親方のひとりは「まず、問題は鶴竜です」と、こう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

  2. 2
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

  3. 3
    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

  4. 4
    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

  5. 5
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  1. 6
    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

  2. 7
    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

  3. 8
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」

    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」