南野に復調の兆しも…久保はミス連発でベンチ要員に逆戻り

公開日: 更新日:

 日本代表MFの南野拓実(25)は、英プレミアのリバプールにアタッカーとして加入した後、盤石3トップのサラー、フィルミノ、マネの牙城を崩せず、ベンチ外に格下げの危機を迎えていた。

 日本時間10日の欧州CL・ミジュランド(デンマーク)戦が転機となった。インサイドMFとして先発フル出場。90分の総走行距離は11・65キロに達し、さらに今季のリバプールで最多となる<37回のプレッシング>を記録。クロップ監督に「適応性があってとても良かった」と高評価された。

 そして同14日午前1時30分キックオフの国内リーグ・フラム戦である。

 ベンチスタートの南野は後半からインサイドMFに起用され、攻撃陣の一翼を担いながら守備では自陣左右両サイドまでカバー。1―1のドロー決着となった試合でアピールに成功。地元各メディアから「ミナミノが新しい居場所を見つけた」とベタボメされた。

 対照的だったのが、スペインのビリャレアル所属の久保建英(19)である。同14日午前0時15分キックオフのべティス戦に先発し、起用された右サイド以外にトップ下や左サイドでもプレーしたが、得意のドリブル突破は鳴りを潜め、さらに単純なパスミスを連発して後半13分、ベンチに連れ戻されてしまった。久保は、戦線離脱中のエースFWパコ・アルカセルとFWバッカが復帰した瞬間、ベンチ要員に逆戻りするのは自明の理。

 上がり目の南野に対して落ち目の三度笠状態の久保。明暗クッキリだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  2. 2
    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

  3. 3
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  4. 4
    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

  5. 5
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  1. 6
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  2. 7
    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

  3. 8
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  4. 9
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 10
    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」

    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」