阿部一二三が五輪内定で背負う“アンチヒーロー”の重圧

公開日: 更新日:

 スポーツ紙は「死闘」と書いた。

 13日、東京都文京区の講道館で行われた柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦。日本柔道史上初のワンマッチ形式で注目された一戦は24分間に及ぶ息詰まる攻防の末、2017、18年世界選手権王者の阿部一二三(23)が、19年世界選手権王者の丸山城志郎(27)を優勢勝ちで下し、自身初の五輪代表の座を射止めた。

 延長20分すぎに大内刈り(技あり)が決まった瞬間、勝利を確信したように左手を突き上げた阿部はその後、関係者と抱き合って号泣。嗚咽しながらのインタビューでは「この試合に向け、たくさんの人が応援してくれて、支えてくれた。関わってくれたすべての人に感謝しかありません」と喜びを語ったが、試合を中継したインターネット放送の視聴者コメントでは、「まさに死闘。一二三、おめでとう!」と阿部を祝福する書き込み以上に目立ったのが、丸山の敗戦を惜しむ声の方だった。

■特別扱い

「神戸の神港学園高2年時の14年の講道館杯で史上4人目となる高校生優勝を果たした阿部は、直後の国際大会グランドスラム東京を男子史上最年少で制覇。柔道界のスター街道が約束された。東京五輪の金メダル最右翼といわれる女子52キロ級の妹の詩の存在もあってメディアの露出もダントツ。アンチが多いのは事実です。全柔連(全日本柔道連盟)やJOC(日本オリンピック委員会)も阿部人気を当て込み、特別扱い。18年、19年の世界柔道東京大会に向けた広報活動でギネス記録に挑戦する『世界一長いポスター』を制作した際も、そのポスターに“柔道の父”嘉納治五郎や“五輪2大会制覇”谷亮子らレジェンドと並んで、阿部きょうだいが起用された。強気で言動も派手な阿部に対して、丸山は寡黙な苦労人。周囲にチヤホヤされる阿部が、やっかみの対象になる材料は揃っています」(スポーツライター)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外