NBAウィザーズが2年連続「外国人選手」1巡目指名した狙い

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAのドラフト会議が日本時間19日に行われ、八村塁(22)のワシントン・ウィザーズは1巡目全体9位でデニ・アブディヤ(19=イスラエル)を指名した。昨年の八村に次いで、2年連続で米国出身以外の選手を1巡目で獲得した。

 八村と同じフォワードのアブディヤは、米国の大学ではなく、母国イスラエルのプロリーグで2シーズンプレー。今季は同リーグのMVPに選ばれた。ウィザーズは昨年からスカウトを現地に派遣し、綿密な調査を重ねて指名に踏み切った。

 八村を獲得したように、ここ数年のウィザーズは多国籍化を図っている。トミー・シェパードGMが「我々は選手のパスポートにこだわらない」と話す通り、昨季(2019―20年シーズン)開幕時のロースターには30球団で3番目に多い5人の外国籍選手が名を連ねた。

 他球団の国際スカウト経験者を積極的に招聘しているのも、全世界から有望な若手をリストアップするためだが、ウィザーズの狙いは他にもある。

 八村が加入してからウィザーズは国外企業とのビジネス展開を図り、日本やインドの電気、建設機械メーカーとスポンサー契約を交わした。NBAの球団では初めて日本語のホームぺージやSNSを開設して日本のファン層拡大につなげた結果、八村のユニホームの売り上げは全米屈指の人気を誇るレブロン・ジェームズ(レイカーズ)を抑えて単独1位を記録。日本での公式動画配信の視聴者数は対前年比600%を記録し、米国、中国に次いで3位に浮上した。

 八村で味を占めたウィザーズの国際戦略はますます加速しそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状