12.22開幕NBAは五輪前に終了も…ドリームCの参加は玉虫色

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAは17日(日本時間18日)、2020~21年シーズンの日程を発表。従来の82試合から72試合に短縮して行われる来季は12月22日(同23日)に開幕し、王者を決めるファイナルは最長で来年7月22日(同23日)まで行われる。7月23日開幕の東京五輪との日程重複を避けたスケジュールが組まれた。

 NBAと選手会は今月上旬、来季の日程に関して合意。IOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長は「これで世界最高の選手が五輪でプレーできる。選手も各国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)も望んでいたこと。素晴らしい知らせだ」と好意的に話していたが、実際には厳しい。

 東西のカンファレンス決勝、ファイナルまで勝ち進んだチームの選手は、同25日からの男子バスケ予選ラウンドからの出場は日程がタイトになるからだ。今季、ファイナルMVPに選ばれたレイカーズのレブロン・ジェームズらスター選手の多くが、コンディショニングを優先して五輪出場には難色を示しているという。

 NBAは競技の普及、市場拡大を目的に、1992年バルセロナ五輪から7大会連続で米国のドリームチームを筆頭に、世界各国の一流選手を派遣。当初の目的は一定の成果を収めただけに、NBAはリスクを冒してまで五輪に選手を出場させることに、以前ほど積極的ではない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感