大関・朝乃山の休場は自業自得「合同稽古」不参加のツケが

公開日: 更新日:

 本人にとっては「無念の初休場」だが……。

 大関朝乃山(26)が10日、3日目からの休場を発表した。初日の霧馬山戦で立ち合いの際に右肩を痛め、協会に「右肩三角筋挫傷で約4週間の治療を要する見込み」という診断書を提出。初日の取組後は、一瞬、右肩を気にするそぶりを見せていた。ともあれ、これで12月で定年を迎える高砂親方(元大関朝潮)の花道を飾ることはできなくなった。

 とはいえ、角界では「かわいそうだけど、自業自得の面もある」との声も出ている。場所前の10月に行われた合同稽古には顔を出さず、部屋で幕下以下の相手と相撲を取って調整。親方の中には「稽古を甘く見たツケ」と落胆する者もいるほどだ。

 ある親方は「なぜ、合同稽古に参加しなかったのか」と、こう続ける。

「朝乃山はおそらく、霧馬山戦の立ち合いで、自身の限界を超えるパワーを出してしまったのだろう。その負荷が患部にかかった。昨年の9月場所千秋楽で、右肩を負傷した貴景勝と同じケースだと思います。相撲は百数十キロ同士の大男がぶつかり合う競技。ケガが付き物だからこそ、入念な準備が必要なんです。出稽古は単に技術を磨くだけではなく、同じ幕内力士とぶつかることで、体に衝撃を覚えさせる目的もある。そうした準備をしても、貴景勝のようにケガをしてしまうのが大相撲なんです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感