著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

女子レスリング浜口京子をプールに投げ込んだアテネの夜

公開日: 更新日:

 アテネ五輪の日本代表は銅メダルに終わりましたが、僕は「歴代代表チームの中で一番強いんじゃないか」という思いを今でももっています。

 北京五輪やWBCの代表チームと比べても、遜色はないという自信がある。僕自身が代表メンバーのひとりだったがゆえに、思い入れが強いのかもしれません。歴代の代表選手もまた、「自分がいたチームこそ最強」と思っているでしょう。

 それでも2004年アテネ五輪日本代表は強かった。五輪遠征中も、「このチームでシーズンを戦ったら、どれくらい勝つんだろうか?」とナインで話し合ったこともあります。

 誰かが「先発は松坂大輔上原浩治和田毅、清水直行、岩隈久志……」と言えば、別の誰かが後を引き取って、「谷間で番長(三浦大輔)と黒田博樹が登板すれば1年回せるぞ」と続ける。

 一流打者揃いの野手は言わずもがな。そんな話を、みんなでビールを飲みながらするわけです。

 僕ら代表メンバーが宿泊していたホテルは至れり尽くせり。長嶋茂雄監督のツテで日本人シェフが帯同し、毎日、日本料理を作ってくれた話は有名です。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路