小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

アジア選手権完全制覇目前で長嶋監督が初めて笑顔を見せた

公開日: 更新日:

 日本プロ野球の威信をかけて臨んだ2003年アジア野球選手権兼アテネ五輪予選。3勝0敗という結果とは裏腹に、体力と気力を信じられないほど消耗した大会でした。

■「1点取られたのが巨人のエースかよ」

 初戦の中国には13―1で勝利。もともと野球が根付いていない国の代表チームということもあり、警戒するレベルではありませんでした。ちなみにこの1失点は大会通じて日本唯一の失点。先発の上原浩治が本塁打を打たれたものです。大会後に高橋由伸が「1点取られたのが巨人のエースかよ」とボソッとつぶやいたことで、周囲の選手も思わず笑ってしまいました。

 とはいえ、試合中はそんな和やかなムードだったわけではありません。同じ日のデーゲームで、台湾が韓国に延長戦の末に逆転勝ち。野球は最後まで何が起きるかわからないということを改めて認識させられ、これは一瞬たりとも油断できないと、むしろ気が引き締まりました。

 2戦目の台湾戦は9―0で勝ちましたが、ビッグイニングをつくれたわけではありません。初回は無得点。二回に1点、三回に2点、四回にも2点と、少しずつ加点していったものです。ベンチは息の詰まるような雰囲気で、9点取って勝ったという実感がなく、終わってみれば9点も取っていた、という印象でした。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走