元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

37歳の守護神・川島永嗣が見据える“トップ・オブ・トップ”

公開日: 更新日:

川島永嗣(ストラスブール GK・37歳)

「若い選手が引っ張る意識の方が、チームは伸びる。年長の僕は横で支えるくらいの気持ちでいいんじゃないかなと」。日本代表オランダ2連戦で出番なしに終わった37歳の守護神・川島永嗣は、縁の下の力持ちとしてチームを支えることに徹した。が、ずっとこのままでいいはずがない。代表とクラブで出番をいち早くつかむこと――。それが彼に託されている大命題だ。

 8月23日のフランス1部の初戦ロリアン戦。川島は、念願の開幕スタメンを手にした。2018年ロシアW杯直後に赴いた新天地では<3番手GK>と位置付けられ、リーグ戦出場は18―19シーズン最終戦のみだった。

 しかし「石の上にも三年」と辛抱強く取り組んだ結果、ようやく新たな一歩を踏み出せた。

「昨季出ていた正GKがケガ、もうひとりが新型コロナウイルスに感染した影響もあって、プレシーズンから僕が出ていました。そのまま開幕を迎えたんで久しぶりに公式戦に出た感覚はなかった。充実感はありました」

 こう語った川島だったが、出場した序盤2戦で連敗。コロナのGKが回復したこともあり、3戦目から再びベンチに逆戻りした。それでも今季未出場の権田修一(ポルティモネンセ)やシュミット・ダニエル(シントトロイデン)よりも実戦感覚はある。今回の代表2連戦では出番が巡ってくるとみられたが、まさかの連続ベンチ。所属先同様に厳しい立場を突きつけられた格好だが、どんな逆境に直面しても、決してネガティブにならないのが川島の強み。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された