瀬戸大也を水連が聴取…メダリスト=聖人君子という勘違い

公開日: 更新日:

 何のための「呼び出し」なのか。

 不倫問題で世間を騒がせている競泳瀬戸大也(26)が12日、都内で日本水泳連盟の倫理委員会から事情聴取を受けた。同連盟は13日に臨時常務理事会を開き、処分の有無などについて検討するという。

 瀬戸による白昼の不倫劇を報じたのは9月24日発売の週刊新潮だった。テレビやスポーツ紙で大きく取り上げられ、瀬戸夫婦は連名で謝罪。所属先のANAは契約を解除し、夫婦で出演していた「味の素」のCM動画は公式HPから削除された。瀬戸自身は東京五輪競泳日本代表の主将とJOCの「シンボルアスリート」を辞退する意向を日本水泳連盟に伝えた。

 しかし、そもそも不倫は、妻や子供に対する裏切り行為かもしれないが、犯罪ではない。「火遊び」を理由に水連が瀬戸を呼び出すのはどうしてなのか。

■スポンサーへの気遣い

「ひとつにはスポンサーに対しての“気遣い”ですよ」というのは、ある競技団体の元幹部だ。

「日本水連には、同水連、水泳日本代表だけでなく、競泳、水球、アーティスティックの各日本代表にもスポンサーがついている。その数は全部で約20社もあり、瀬戸を切ったANAは水泳日本代表のオフィシャルスポンサーにもなっている。コロナ禍により、どの企業も業績は厳しい。来年の五輪も開催できるかわからない。契約を解除したい企業は少なくないと聞いている。だからこそ水連は瀬戸の不倫問題について、しっかり対応しています、という姿勢をスポンサーに見せなければならないのでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ