NBAレイカーズ10年ぶり頂点 名門復活に大坂なおみも一役

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAの名門が復活を果たした。

 年間王者を決める11日(日本時間12日)のファイナル第6戦で、レイカーズがヒートを106―93で下し、2010年以来10年ぶりの優勝。セルティックスと並ぶ通算17度目の頂点に立ち、エースのレブロン・ジェームズ(35)が4度目のMVPに選ばれた。

 かつて、2度のファイナル3連覇を果たした名門も、08―09年、09―10年シーズンでの2連覇を最後にファイナルから遠ざかっていた。昨季はジェームズをFAで獲得しながら、プレーオフにすら進出できなかった。今季の復活はジェームズとA・デービス(ペリカンズから移籍)の最強デュオがチームを牽引したことに加え、日本の女子アスリートの存在も無視できない。今年9月の全米オープン(OP)で、2年ぶり2度目の優勝を手にした女子テニス大坂なおみ(22)だ。

 今季、大坂とレイカーズは、黒人差別に抗議する「ブラック・ライブズ・マター」で歩調を合わせてきた。8月の白人警官による黒人銃撃事件に抗議して、大坂はウエスタン&サザンOP準決勝、レイカーズはプレーオフ第1ラウンド(1試合)をボイコット。大坂は全米オープンで、黒人被害者の名前が入ったマスクをして入場し、レイカーズは差別撤廃を訴えるメッセージ入りのユニホームを着用した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実