武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

DeNA陸上部解散 実業団体制崩壊でプロ化の切磋琢磨は必然

公開日: 更新日:

 瀬古利彦がエグゼクティブアドバイザー(EA)を務めるDeNA陸上部が解散した。箱根駅伝で活躍した東海大OBの鬼塚翔太、館沢亨次ら所属選手とは随時契約で活動を支援していくとのこと。陸上界では既に昨年、日清食品陸上部が同じような方針を取っている。

 中畑清を新監督に据えてDeNAベイスターズが誕生したのが2012年。マラソンの代名詞・瀬古利彦を招いて陸上部を立ち上げたのは翌13年1月だった。古巣エスビー食品陸上部が12年8月に廃部を発表した時、瀬古は既に某企業への移籍話をまとめていたのだがドタキャンに。部員を抱えて夜も眠れず、DeNAからの誘いは涙が出るほどうれしかったと話していた。

 瀬古を除く選手スタッフ全員は最初から年間契約で、当時の田幸寛史監督はやがて中国電力へ、上野裕一郎は立教大学駅伝監督へ転出している。創部7年なら所属選手の競技生活として短過ぎたこともないだろう。

 実業団に所属している陸上選手のほとんどが社員ではなく契約選手だ。企業は減益によるPR効果が欲しいわけで、引退後の保障はないが待遇はいいから、選手にとってウィンウィンの環境。ただ、その幻想もコロナを機に一変しそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質