原英莉花メジャーVで女軍団3勝 ジャンボ尾崎ユニーク指導

公開日: 更新日:

【日本女子オープン】最終日

 12アンダー首位発進の原英莉花(21)が、スコアを4つ伸ばして公式戦初優勝。昨年6月のリゾートトラストレディス以来のツアー2勝目を挙げた。

 2位から4打差を追った同組の小祝さくら(22)も68で回ったが、スタート時点の差を縮めることはできなかった。

 優勝を争った2人は4日間でバーディーを量産(原23、小祝21)。さらに、大会3勝のディフェンディングチャンピオン畑岡奈紗(21)が米ツアー専念のため欠場した。国内女王を決めるナショナルオープンとしては物足りず、くしくも米女子ツアー「ショップライトクラシック」で優勝を争った畑岡が参戦していれば、最終日も違った展開になっていたはずだ。

【写真】この記事の関連写真を見る(17枚)

■封じ込めた小祝の勢い

 しかし、それはそれだ。終わってみれば、いま女子ツアーで勢いのある「黄金世代」2人が大会を盛り上げた。

「私にとって気持ちいいプレーは攻めるゴルフだと改めて実感した。昨日、今日とさくらちゃんと一緒に回って、さくらちゃんのようにピンを果敢に狙っていけた」(原)

 原、小祝のマッチレースの様相になった試合は序盤、小祝がスコアメークにもたつき一時6打差に開いた。が、ハーフターンではスタート時点と同じ4打差に。11番、12番でともにバーディーを奪うなど白熱した。続く13番パー3で原がグリーン外から10ヤードの2打目をウエッジでチップイン。3連続バーディーを決めて有利に試合を進めた。

「マッチレースでは、『2打目を先に打ったほうが有利』という格言がある。パー4でピンそばにつけたら相手にプレッシャーをかけることができ、ミスは許されないという精神的にきつい状況に持ち込むことができるからです。しかし、この日の原は終始落ち着いており、小祝の猛攻を見事に封じていました」(田原紘プロ)

 11番パー4が象徴的だった。ティーショットは原が20ヤード以上もオーバードライブ。先に小祝が残り137ヤードをピンそば60センチにベタピン。その直後に原は残り105ヤードを1メートルにつけて、小祝の勢いをかわした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”