瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

公開日: 更新日:

 白血病から復帰した池江璃花子(20)に注目が集まる競泳界にスキャンダルだ。男子エースで、東京五輪での金メダル取りを期待される瀬戸大也(26)が、24日発売の週刊新潮で、キャビンアテンダントとの不倫を暴露されたのだ。

 記事では、相手の女性とラブホテルに入って昼下がりの情事を楽しんだ後、2人の愛娘を保育園に迎えに行く様子まで詳細に記されている。

 瀬戸は2017年に飛び込み元日本代表の優佳夫人(25=旧姓・馬淵)と結婚。夫婦でスポンサー企業である食品メーカーのCMやイベント、テレビ番組に出演するなど、スポーツ界を代表するおしどり夫婦として通っていた。優佳夫人は、飛び込みのトップ選手でありながら、現役続行を諦め、結婚後はアスリートフードマイスターの資格を取得し、夫の栄養面も支えてきた。

 瀬戸は24日未明、マネジメント会社を通じて「自分の行動を猛省する」などのコメントを発表したが、今後しばらくは練習に集中できない日々が続くのは想像に難くない。個人メドレー200メートル、400メートルの2冠を期待される来年の東京五輪では、表彰台すら危ういと不安視する声が出ているが、水泳界では「案外、尾を引かないのではないか」という見方もある。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • その他のアクセスランキング

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  5. 5

    体操・杉原愛子が開発 性被害対策と実用性を兼ねた「新型ユニホーム」で業界に新風吹き込む

  1. 6

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  2. 7

    バドミントン桃田賢斗が代表引退宣言 大人気を誇る東南アジアで「引っ張りだこアンバサダー」になる未来

  3. 8

    宮田笙子の喫煙を以前から把握か?体操協会に向けられる疑惑の目…“過去にも厳重注意”の証言

  4. 9

    体操・杉原愛子は2大会連続五輪出場も「私はセンスや才能がある方じゃない」の真意

  5. 10

    レジェンドが徹底解説!体操男子団体「金はかなり厳しい」…全員10代の女子団体は「決勝にいけるかどうか」

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた