原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(62)の「V9監督」超えはお預けとなった。10日の中日戦。0―1の八回に吉川尚の2点適時三塁打で一時は逆転に成功したものの、その裏に同点とされ、そのまま引き分けた。

 2002年の就任から監督として通算14年目。「打撃の神様」といわれた川上哲治氏を超える球団史上最多の監督通算1067勝は、11日以降に持ち越しとなった。そんな原監督の傍らで球団の評価を上げているのが、参謀役を務める元木大介ヘッドコーチ(48)だという。

 昨オフ、原監督は「凄くチームに浸透した。感謝している。クセ者じゃなくて技量を持っている。周りが見えている。それが凄い」と評価を下し、「内野守備兼打撃担当」から「ヘッド」に引き上げていた。チーム関係者がこう明かす。

「明るい性格でベンチの雰囲気を盛り上げるのが得意。タレント生活が長かったこともあって、ヘッドコーチの仕事でもあるマスコミとの付き合い方がうまく、対応にたけている。コミュニケーション能力が高いんです。原監督、他のコーチ、選手との会話を欠かさない。『監督の野球を選手、コーチに浸透させる』という役割の適任者という評価ですね。こう言うと、野球以外のことばかりだけど、実は野球の評価も高い。監督が何かを聞いた時、反応が速く的確だそうです。昨年は判断が難しい三塁ベースコーチとして、ほとんどミスなく仕事を全うした。これを監督が高く評価していた。今年は作戦面も助言しているようです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

  2. 2
    セレブ経営者4人が緊急事態宣言中に集団ワイセツ 六甲山の別荘でやりたい放題の一部始終

    セレブ経営者4人が緊急事態宣言中に集団ワイセツ 六甲山の別荘でやりたい放題の一部始終

  3. 3
    満島ひかり&多部未華子の女優としての「賞味期限」…キムタクvs二宮“子弟対決”の明暗分ける

    満島ひかり&多部未華子の女優としての「賞味期限」…キムタクvs二宮“子弟対決”の明暗分ける

  4. 4
    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

  5. 5
    日本最大級のハプニングバー摘発に疑問の声が…どこが犯罪になったのか?

    日本最大級のハプニングバー摘発に疑問の声が…どこが犯罪になったのか?

もっと見る

  1. 6
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 7
    安達祐実“完全別居”の真相は? 元ステージママの有里さんを直撃すると…

    安達祐実“完全別居”の真相は? 元ステージママの有里さんを直撃すると…

  3. 8
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  4. 9
    エンゼルスのライバル球団がはじく「大谷翔平MVP効果」 観客動員苦戦で集客力を当てに

    エンゼルスのライバル球団がはじく「大谷翔平MVP効果」 観客動員苦戦で集客力を当てに

  5. 10
    島田紳助は芸能界に未練タラタラ? キッパリ引退した上岡龍太郎とは“彼我の差”

    島田紳助は芸能界に未練タラタラ? キッパリ引退した上岡龍太郎とは“彼我の差”