“泣き虫少女”の大坂なおみを変えた 恋人と敏腕マネの存在

公開日: 更新日:

 3度目のグランドスラム(4大大会)制覇に向けて勢いが止まらない。

 女子シングルス世界ランキング9位の大坂なおみ(22)が8日(日本時間9日)、全米オープン準々決勝で同93位のシェルビー・ロジャース(27=米国)を下し、2年ぶり2度目の4強入り。10日の準決勝では、同41位のジェニファー・ブレイディー(25=米国)と対戦する。

 ロジャース戦では、ファーストサーブ(83%)、セカンドサーブ(70%)とも、高い成功率をマーク。今大会の大坂はサーブが安定しているうえに、これまでになかった攻撃的な姿勢を前面に出したプレーで相手を圧倒するシーンが増えた。前哨戦のウエスタン・アンド・サザン(W&S)・オープン決勝で棄権を余儀なくされた左太もも痛の不安はみじんも感じさせないほど、パワフルなショットを繰り出している。

■今大会の大坂の勢いは本物

 スポーツライターの武田薫氏が「粘り強いストローク、安定したバックやフォアに、セカンドサーブを磨いたのは大きい」と、こう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • その他のアクセスランキング

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 4

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 5

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  1. 6

    体操・杉原愛子が開発 性被害対策と実用性を兼ねた「新型ユニホーム」で業界に新風吹き込む

  2. 7

    バドミントン桃田賢斗が代表引退宣言 大人気を誇る東南アジアで「引っ張りだこアンバサダー」になる未来

  3. 8

    体操・杉原愛子は2大会連続五輪出場も「私はセンスや才能がある方じゃない」の真意

  4. 9

    陸上1500m田中希実が5連覇で五輪切符獲得 7位ドルーリーは肉体的課題で「パワフルさに欠ける走り」

  5. 10

    レジェンドが徹底解説!男子体操エース橋本大輝が抱える「唯一の懸念材料」と新星・岡慎之助の潜在能力とは

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」