著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

元日本代表内田篤人の引退セレモニーを台無しにした中継局

公開日: 更新日:

 鹿島アントラーズ内田篤人が引退した。これからも試合があるチームへの遠慮もあって、本人は引退セレモニーとかもやりたくなかったのではないか。オンマイクで「すぐ済みますから」と始めた挨拶、淡々と、(時には声を詰まらせたが)感謝の言葉の後に「もう一花咲かせられると信じて鹿島に入れてもらったが、それができない中でサッカーを続けるのは違うんじゃないかと思いました」。

 ……叫ぶことを自粛している客席からは「まだやれるぞ!」のヤジさえ飛ばず、拍手だけ響いた。

「おしまいにサッカー小僧たちへ。鹿島という所は少し遠いですが、サッカーに集中できる環境で、先輩たちが選手生命を削りながらチームが勝つために闘ってきたのを、僕は目の当たりにしてきました。これから鹿島の選手たちが君たちの大きな壁になり、やがて迎え入れてくれると信じています。また会いましょう」

「わが巨人軍は永久に不滅です!」の時代からは考えられん。こういう選手もいるんだな。ジンと余韻が残った。

 生中継がここで終わればワシゃもらい涙を流したろうに、中継局め、最後に「独占インタビュー」を敢行した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」