人権団体も問題視する「五輪開催国」日本スポーツ界の闇

公開日: 更新日:

日大ラグビー部の虐待コーチには余罪ゾロゾロ

 案の定、余罪がゾロゾロと出てきた。

 日大ラグビー部の前ヘッドコーチ(HC)による、部員への常軌を逸した暴行問題。すでに、未成年部員に対する飲酒の強要、丸刈りの選手の頭に7本ものつまようじを刺すなどの所業を繰り返していたことが明らかになっているが、そんなパワハラ行為が部外に伝わったと知るや、部員に対してLINEで【チクったやつ殺してー】【家族も追い込む】【友達のヤクザに犯人探させようかな】【家族全員にシャブ打って人生狂わせたいわ】などと、とんでもない恫喝メッセージを送っていたというから、正気の沙汰ではない。

「今年3月に辞任したこのHCは、複数の大学でコーチ経験があり、その経験と実績を買われ、外部から招聘された他大学の出身です。熱血漢、と言えば聞こえはいいが、言動も振る舞いも荒っぽく、我が物顔で部を仕切っているものだから、眉をひそめるOBが少なくなかった。鉄板で熱くなったヘラを部員の腕に押し付ける、酒に酔って部員同士に殴り合いのケンカを強要する、とすでにさまざまな話が取り沙汰されていますが、ほかにも練習中に手や足が出るのは日常茶飯事。それで選手が流血してもお構いなしだったと聞いた。寮の自室に部員を呼びつけては、テキーラやウオッカなどアルコール度数の高い酒をビールや焼酎で割ったスペシャルドリンクを一気飲みさせる。さすがに我慢の限界に達した部員が意を決し、今年2月に『解任要求』を提出することになったのです」(事情を知るOB)

 日刊スポーツの記事によれば、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は今回の件に関し、「スポーツをやる資格があるのか。決して許されることじゃない」と激怒。JOCのトップとしてスポーツ界の暴力根絶に力を入れているだけに当然の反応だが、残念ながら指導者や組織によるこの手の暴力、パワハラが日大ラグビー部に限った話でないことは周知の通りである。

 同じ日大では2018年にアメフト部の悪質タックル問題が社会問題に発展。女子レスリング体操界で選手によるパワハラ告発が相次ぎ、日本ボクシング連盟の会長による不祥事も世間を大いに騒がせた。昨年もテコンドー協会の内紛、大相撲の力士による付け人への暴行とスキャンダルの連鎖が止まらず、果てはプロ野球でも広島の緒方監督が選手を平手で殴打する暴力行為が発覚。つい先日も大相撲の中川部屋で弟子へのパワハラが問題となって親方が処分されるなど、挙げればキリがない。

 相変わらず高校野球をはじめとする学生野球の現場でも暴力、暴言が繰り返され、ヒマさえあれば監督やコーチが謹慎、解任されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”