引退騒ぎから一転…阿炎「減棒&3場所出場停止」処分の背景

公開日: 更新日:

 コロナ禍で開催された7月場所中のキャバクラ通いが問題となっていた阿炎(26)の処分が6日、両国国技館で開かれた相撲協会の理事会で決定した。5日に提出されていた引退届は受理されず、3場所の出場停止及び50%の減俸が5カ月。キャバクラに同席していた幕下の極芯道は2場所出場停止となった。

 阿炎は不要不急の外出自粛を求めた協会のガイドラインを無視した揚げ句、協会の聞き取り調査に対して虚偽の報告をしていたことが発覚。極芯道には口裏合わせまで指示していたというのだから、どうしようもない。

■理事会で「ありがとうございました」と一礼

 一部報道では「阿炎は処分内容にかかわらず、引退する」と報じられていたものの、ある親方によれば実際には、「理事会に呼ばれて処分を言い渡された際、阿炎は『ありがとうございます』と頭を下げて部屋を出て行ったそうだよ」。つまり、引退届はポーズだけ、むしろこの程度の処分で助かったというのが、阿炎と師匠の錣山親方(元関脇寺尾)の本音だろう。

 今回の処分には、珍しい付帯事項が2つある。1つは「所属する錣山部屋に住居を移すこと」、もう1つが「今後、協会に迷惑をかける行為をした場合、預かっている引退届を正式に受理する。その旨を了承する誓約書も書く」というものだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき