マラソン&駅伝が消滅危機…陸連“コロナ指針”が難題過ぎる

公開日: 更新日:

「ハードルが高過ぎますよ」

 そうこぼすのは、箱根駅伝常連校の関係者だ。

 27日、コロナ禍により出雲全日本大学選抜駅伝(10月11日)の中止が発表された。「大学3大駅伝」の一つが中止になれば、後に続く全日本大学駅伝(11月1日)や箱根駅伝(1月2、3日)だけでなく、実業団や中学、高校、都道府県対抗駅伝、主要マラソンの開催可否判断に影響するのは必至だ。前出の大学関係者がいう。

「陸連が6月末に出した『ロードレース再開についてのガイダンス』は開催の前提条件などが非常に厳しい。緊急事態宣言解除が前提というのは当然としても、『コースを通過する全ての管轄自治体からイベント開催が認められている。大会開催都市もしくは地域において、新型コロナウイルス感染症に関する診療体制が整っている。レースに関わる全ての人(選手、チーム関係者、大会・競技役員、観客、メディア)の健康状態の管理体制が整えられている。主催者の感染症予防対策として、3密回避、シャトルバス、更衣室、招集所、スタート待機所、トイレなどのソーシャルディスタンス確保。沿道での応援自粛要請等々』が条件に挙げられ、すべてクリアするのはとても無理。マラソンや駅伝は人気大会ほど、選手、関係者、観客は密になり、報道陣も多い。ロードシーズンは気温、湿度が低く、感染しやすい環境にある。これでは開催はほとんど不可能です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出

    ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出

  4. 4
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  5. 5
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  1. 6
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  2. 7
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  3. 8
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  4. 9
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  5. 10
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ