G戸郷 高校時代にその名を轟かせた遠投大会117mの鉄砲肩

公開日: 更新日:

巨人・戸郷翔征(投手2年目・20歳)

 15日の広島戦で6回2安打無失点の好投。リーグトップタイの3勝目を挙げた。

 高卒2年目以内で開幕ローテーション入りし、開幕から3試合で3勝は、2戦2勝だった桑田真澄を超えて2リーグ制以降では球団初の快挙となった。防御率1・89とエース菅野(同2・36)以上の安定感だ。

 2018年のドラフト6位で巨人へ入団。昨季は高卒新人では17年ぶりのプロ初勝利をマークした。次期エース候補として球団の期待は大きい。

 母のヒトミさんがこう言う。

「夫が長距離トラックの運転手で家を空けていることが多く、私も看護師として働いています。仕事で忙しい時は、私が何も言わなくても食器や風呂を洗ったり、洗濯物を取り込んで畳んでくれました。2つ上の長男とも喧嘩することもなく、穏やかな性格です」

 そんな戸郷は子供の頃から、野球と魚釣りの“二刀流”で過ごしてきた。友達と遊びに出掛けることより、暇さえあれば野球のボールか釣り竿を握っていたという。

インフルエンザで熱を出して学校を休んでも『野球の練習だけはいっていい?』と聞いてくるほどです。それほど大好きな野球が雨で中止になったら『じゃあ魚釣りだね』と。そのたびに車を出していました。私たち夫婦も、翔征が小学生の時には試合をベンチから応援するために指導員の資格を取ったりと、サポートに骨身を惜しみませんでした」(ヒトミさん)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」