“長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

公開日: 更新日:

「原の実績はフロントの手柄だよ」

 元ヤクルト監督、野村克也氏のセリフである。

 2017年5月に日刊ゲンダイのインタビューに応じた名将は、当時、20年東京五輪野球日本代表監督の有力候補とされていた評論家の原辰徳氏(61=現巨人監督)を、「原は若い時に苦労がない。オレは『坊ちゃん監督』と言ってるんだ、原のことを。苦労がないから、細事に小事に目が届かない」と得意のボヤキでバッサリと切り捨てるや、15年の第2次政権までの計12年間でリーグ優勝7回、日本一3回と圧倒的な戦績についても、「原のその実績のMVPは渡辺オーナー(現読売新聞グループ本社代表取締役主筆)ですよ。補強をしてくれた。原の実績はフロントの手柄だよ」と喝破したものだ。

■常に他球団が羨むほどの戦力

 14日の広島戦。巨人は三回に丸の先制打、岡本の3ランなどで主導権を握ると、先発菅野が5回無失点で3勝目。今季が通算14年目となる原監督に1035勝目をプレゼントした。これで、並んでいた長嶋茂雄終身名誉監督の通算勝利数を抜き、巨人歴代単独2位となった。1066勝で歴代1位に君臨するV9の川上哲治氏の記録も今季中に抜き去るのは確実で、スポーツマスコミは揃って<原監督 ミスター超え!><球団史に残る名将>と大騒ぎ。その采配、用兵をこれでもかと絶賛しているが、ノムさんが指摘するように、常に他球団が羨むほどの戦力を持たせてもらっているのも事実だろう。

 実際、原監督は昨年までの13年間で14人のFA選手を獲得している。あの「何でも欲しがる」といわれた長嶋監督ですら、第2次政権の9年間で獲得したFA選手は7人だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走