渡邉彩香5年ぶりツアーVに涙…地獄から生還の軌跡と課題

公開日: 更新日:

【アース・モンダミンカップ】最終日

 1702日ぶりの復活劇だった。

 コロナ感染拡大防止のため大会中止が相次いだ女子ツアーは、当初のスケジュールから3カ月半遅れで開幕。その今季初戦で、渡邉彩香(26)が実に5年ぶりとなるツアー4勝目を挙げた。ともに通算7アンダー・4位タイ発進の鈴木愛(26)と同じ68で回り、通算11アンダー首位タイに並んでホールアウト。プレーオフの1ホール目にバーディーを奪い、早々に決着をつけた。

「渡邉のようにドライバーは飛ぶけど、方向性に難のある選手にとって、不安を払拭するにはもってこいの会場です。ホールは林でセパレートされているものの、ネット中継で見るよりも実際のホール幅はかなり広い。選手はスイングに悩まずに済むレイアウトです。コロナ禍で半年近く試合がなく、プレッシャーのない練習ラウンドがたっぷりできたのも渡邉にはよかったでしょう」(小野寺誠プロ)

 ホールアウト後に「ここ2、3年は苦しかったので……」と涙をにじませ言葉に詰まった渡邉の最後の優勝は2015年11月の樋口久子Pontaレディス。ここまで何があったのか?

■「飛ぶけど曲がる」が飛距離まで

 2012年にプロテストに合格すると、卓越したドライバー飛距離を武器に翌13年から5年連続で賞金シードをキープ。14年に初優勝を果たし、翌15年は2勝と勢いがあった。

 しかし、18年に賞金シードを逃し、昨年は30試合に出場して予選落ち23回、賞金ランク115位と低迷。得意のドライバー飛距離と正確性は、女子プロ協会がデータを取りだした17年が251・10ヤード(ランク6位)、FWキープ率93位。18年は252・11ヤード(同4位)、FWキープ率95位。「飛ぶけど曲がる」が欠点だった。

 ところが昨年は、238・19ヤード(同42位)、FWキープ率97位と、武器の飛距離まで失い、ドン底に落ちた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状