巨人戸郷は桑田以来の開幕ローテ 師匠から盗んだ2つの武器

公開日: 更新日:

戸郷翔征(巨人・投手2年目・20歳)

 巨人では1987年の桑田真澄以来、33年ぶりとなる高卒2年目での開幕ローテーション入りを決めた。

 身長186センチ。バレーボール選手だった母譲りの長い腕から繰り出すクセ球を武器にする。宮崎・聖心ウルスラ学園高では2年夏の甲子園に出場。3年夏には宮崎県選抜の一員として、高校日本代表と対戦。甲子園で春夏連覇を果たし、ジャパンの中心選手だった根尾(大阪桐蔭=現中日)から2つの空振り三振を奪い、一躍ドラフト候補の仲間入りを果たした。

 ドラフト6位で入団。ルーキーだった昨年9月、リーグVを決めたDeNA戦でプロ初登板初先発。阪神とのCSファイナルステージでは高卒新人史上3人目となる先発を託され、日本シリーズのマウンドにも上がった。すると、ルーキーは大胆不敵な行動に出た。オフに15勝4敗の山口俊(ブルージェイズ)への弟子入りを直訴。今年1月に沖縄で合同自主トレを行ったのだ。さるチーム関係者がこう言う。

「長身から腕を下げて投げるところや、投球スタイルが似ているからだそうです。昨年の奪三振王でもある山口俊から『フォークボールを教わりたい』と言っていました。マッチ棒のように体の線が細いことが悩みだったので、父が元力士で大食漢の山口俊と寝食を共にすることで、食事面を改善したかったのもあるでしょう。山口俊は野球選手の中でもかなり食べる方。昼にステーキ500グラムなどノルマを課され、吐きそうになりながらも必死に食らいついていました。目的意識が明確で『とりあえず菅野さんについていこう』みたいな流されるところがないんです」

 狙い通り、オフ期間に体重は4キロ増で75キロになった。山口俊直伝のフォークで三振も奪えるようになってきた。「僕が俊さんの穴を埋めたい」と言い切る20歳。資格のある新人王候補でもある。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた