17試合連続で無得点…大迫勇也が森保J“正FW剥奪”の危機

公開日: 更新日:

 森保ジャパンの正FWが不振にあえいでいる。ドイツ1部ブレーメンでプレーしているFW大迫勇也(30)のことだ。

 今季開幕3試合で3得点。最高のスタートを切ったが、その後は落ち目の三度笠。チームは降格圏内のブービー17位に沈み、当然サポーターからの批判の矢面は、助っ人ストライカー大迫に一直線。地元メディアからも「まったく機能していない」「気持ちが弱い日本人」とボロクソである。

 そうした酷評を払拭するためにも、ゴールという<目に見える>結果が欲しいところだったが、現地7日のボルフスブルク戦でも、やはり大迫はパッとしなかった。

 2試合連続でスタメン出場。最大の見せ場は前半の31分に訪れた。ゴールほぼ正面でボールを受け、細かい動きで相手DF2人のマークを外して右足で強烈シュート。ゴールの左上隅にズバッと決まると思われたが、GKのファインセーブに阻まれてしまった。

 大迫はバックヘッドでシュートを放ったり、自陣左サイドでタイトな守備を見せたり、精力的にピッチを走り回った。しかし後半37分に先制を許した3分後、ベンチに連れ戻されてしまった。

 ブレーメンは今季ホームで13戦連続未勝利。大迫も出場した17試合連続ノーゴールとなった。助っ人FWの責務を果たせず、自らのパフォーマンスも低下の一途。このままではチームを2部に降格させ、日本代表では正FWの座を剥奪される可能性大である。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感