人気レスラーだった安生洋二さんは串焼き店で“300%”奮闘中

公開日: 更新日:

 高田延彦率いるUWFでプロレスデビュー。90年代のプロレスブームの際は切り込み隊長として他団体のマットに参戦。ビッグマウスぶりから“Mr.200%”とも呼ばれた人気レスラーが安生洋二さんだ。その後、格闘技イベント「ハッスル」「PRIDE」でも活躍し、2015年3月19日に引退。さて、今どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

「いやー、新型コロナには本当に参ったよ。ウチの店も緊急事態宣言が出た翌4月8日から休業して、再開したのが6月1日。1カ月と3週間以上も休んじゃったから、まだペースがイマイチ掴みきれてないんだよね」

 東急田園都市線・用賀駅から徒歩4分。住宅街の飲食店ビル2階にある串焼き店「市屋苑」へ行くと、キャップをかぶった安生さんに迎えられた。

 カウンターとテーブルで約60席の店内は、ログハウス風のウッディーな内装だ。カウンター上のラックには魔王をはじめ各種焼酎が40種ほどズラリと並び、入り口そばのクーラーに日本酒の銘酒が約10本。飲んべえのハートをガッチリとロックオンしてくる。

「ここはUWFインターの取締役だった鈴木健オーナーが98年にオープンしてね。俺は6年前から働いてるんだよ。オススメ? 備長炭で焼くネック(1本130円)、チーズネック(同150円)、牛ハラミ(同240円)がベスト3。俺が仕込みをして、じっくり焼くから間違いなく200%、いや、300%ウマイ。アハハハ」

 休業前の客足は?

「減ったのを実感したのが3月後半ぐらいからで、4月に入って激減。10人を切る日もあったから、まあ最悪だったよ」

 平日は近隣に勤めるビジネスマン、週末は家族連れの比重が増すが、ともに足が遠のいたと言う。

「感染拡大防止のためだから休業はしょうがない。でも再開したからといって、以前の売り上げまで回復するのは当分先じゃないかなあ。企業や大学生の飲み会需要が見込めないのが、一番の不安材料だね」

 休業前はプロレス関係者が集まる店としてファンに知られていた。

「やっぱりUWFに縁があったレスラーが中心だけど、高田(延彦)さんは年に数回来るし、ほかにもちょくちょく顔を出してくれる。手がすいてれば、俺もフロアに出てプロレス談議したり写メ撮ったり、気楽な店だよ。今はできる限りの防止対策をしてるから安心して来て欲しいよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント