瀬戸大也新コーチは指導歴なしの同級生 五輪への影響は?

公開日: 更新日:

 男子競泳瀬戸大也(26)が、埼玉栄高時代の同級生、浦瑠一朗氏(25)を新コーチに迎えて東京五輪での金メダルを目指すことになった。

 瀬戸は小5から指導を受けてきた梅原孝之コーチと4月に決別。今後は幼少時代から同じクラブで汗を流し、気心の知れた浦氏と練習メニューを作り、二人三脚で表彰台を狙う。同じ個人競技では体操の内村航平(31)が、かつてのチームメートをコーチに招いたが、競泳では初めてのケースとなる。浦氏は昨年まで現役スイマーで、指導者経験はない。約1年後に迫った五輪本番を前に思い切ったことをしたものだが、瀬戸にとって今回のコーチ変更はむしろプラスになりそうだ。

■北島は連覇したが…

 平泳ぎで2大会(2004年アテネ、08年北京)連続金メダルを獲得した北島康介も同じような道のりを歩んだ。

 北島は北京五輪後、長らく指導を受けてきた平井伯昌コーチ(現日本代表ヘッドコーチ)との師弟関係を解消。競泳界の名将としら知られる南カリフォルニア大学のデーブ・サロ氏の門を叩いた。同大では北島だけでなく、米国内はもちろん、世界中のトップスイマーが練習を積んでいたため、北島はサロ氏から個人的に指導を受ける機会はほとんどなかった。北島は各国のライバルと練習法を模索したり、互いに助言し合うなどして、レベルアップに努め、北京での2種目(100メートル、200メートル)連覇につなげた。

 北島は後に当時のことを「それまでコーチに任せていたこともやるようになり、自分で考えるようになった」と振り返っている。

 東京五輪を前にひとり立ちした瀬戸は北島同様、結果を残せるか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小倉一郎さん「がん」が肺、胸骨、脳の4カ所に…大病を機に、やりたい3つのことすぐ行動に

    小倉一郎さん「がん」が肺、胸骨、脳の4カ所に…大病を機に、やりたい3つのことすぐ行動に

  2. 2
    ポスト三浦瑠麗は決まりか… 岩田明子氏「めざまし8」「サンジャポ」出演を視聴者はどう見た

    ポスト三浦瑠麗は決まりか… 岩田明子氏「めざまし8」「サンジャポ」出演を視聴者はどう見た

  3. 3
    道端ジェシカ容疑者 МDМA所持の疑いで逮捕…母親は「しばらく連絡していない」と憔悴しきり

    道端ジェシカ容疑者 МDМA所持の疑いで逮捕…母親は「しばらく連絡していない」と憔悴しきり

  4. 4
    上田桃子まさかの大逆転負け…「バウンスバック率」が物語る“ミスで仏頂面”のマイナス

    上田桃子まさかの大逆転負け…「バウンスバック率」が物語る“ミスで仏頂面”のマイナス

  5. 5
    高市早苗氏こそ「国会軽視」…土日に“言い訳ツイート”20回超、シンパも心配する異常ぶり

    高市早苗氏こそ「国会軽視」…土日に“言い訳ツイート”20回超、シンパも心配する異常ぶり

  1. 6
    中居正広 WBC"静かなリポート"で体調不安説が再燃…元SMAPメンバーの活躍で奮起か?

    中居正広 WBC"静かなリポート"で体調不安説が再燃…元SMAPメンバーの活躍で奮起か?

  2. 7
    球児の“ペッパーミル”に審判ダメ出し 高野連の頭の中はいまだに「青春スポ根ドラマ」幻想

    球児の“ペッパーミル”に審判ダメ出し 高野連の頭の中はいまだに「青春スポ根ドラマ」幻想

  3. 8
    台湾新幹線の車両更新で「日本が逆転受注」のウラ事情 日台親善のうつろさ浮き彫りに

    台湾新幹線の車両更新で「日本が逆転受注」のウラ事情 日台親善のうつろさ浮き彫りに

  4. 9
    朗希のWBCメキシコ戦はメジャーの大品評会と化す “25歳ルール”クリアなら総額450億円契約も

    朗希のWBCメキシコ戦はメジャーの大品評会と化す “25歳ルール”クリアなら総額450億円契約も

  5. 10
    田中みな実と宇垣美里の明暗…キャラ丸かぶり元女子アナ「女優」で成功するのはどっち?

    田中みな実と宇垣美里の明暗…キャラ丸かぶり元女子アナ「女優」で成功するのはどっち?