巨人戦の切り札 虎藤浪が開幕カード“右打者殺し”に急浮上

公開日: 更新日:

 プロ野球の開幕日が6月19日に決まり、移動に伴う感染リスクを減らす目的で、セは開幕後に首都圏(東京ドーム、神宮、横浜)で集中開催する。巨人の開幕カードの相手は阪神が有力だ。

 開幕投手は、巨人が菅野、阪神は西で決定しているが、注目は阪神の藤浪晋太郎(26)である。24日に、甲子園球場で行われたシート打撃に登板。打者5人から4三振を奪い、「中継ぎで1回という投手じゃない」と矢野監督をうならせたのだ。

 関西の放送関係者がこう言う。

「3月に新型コロナウイルスに感染。球界第1号だっただけでなく、それが合コンによる感染だったことが発覚して、チーム内外から大ブーイングを食らった。その後、約2週間の入院や自宅待機期間を強いられたが、今年は調子自体はまずまずで、先発枠の5、6番手の立場をキープしている。コロナでケチをつけても、2カ月のブランクで大きく調子を落としていないとあって、巨人戦の“切り札”として開幕カードの先発が浮上しています」

 とはいえ、近年の藤浪は右打者への抜け球が多く、「右打者殺し」として他球団に恐れられている。入団からの1試合当たりの与四死球率を見てみると、2013年の3.01を皮切りに、14年=4.14、15年=4.21、16年=4.15、17年=8.08、18年=6.46と悪化の一途。昨季に至っては5回途中、被安打4、与四死球8の1失点に終わった中日戦が唯一の一軍マウンドだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」