阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

公開日: 更新日:

「ひょっとすると今年は活躍するかもしれない」

 阪神藤浪晋太郎(26)について、ある球団OBがこう言った。

 3月下旬に同僚の伊藤隼、長坂とともに新型コロナウイルスに感染。その直前に選手、タニマチ、マスコミ関係者、知人女性ら十数人による大合コンに参加していたことが判明した上に、そこから複数の感染者が出るクラスターが発生したこともあり、「不謹慎だ」とファンやマスコミから大きな批判を浴びた。

 退院後は自宅待機の期間を経て練習に復帰。24日の練習では、67日ぶりとなる実戦形式のマウンドで打者5人を相手に4三振を奪った。「コロナ騒動」もあって、さぞかしヘコたれているかと思いきや、前出のOBが現状をこう明かす。

■「虎VID-19、コロ浪晋太郎」の自虐ネタも

「実戦登板では、課題となっている右打者3人から3奪三振。ハッキリとボール球とわかる球も少なかったようです。最近になって藤浪は、親しい人にメールなどで<『虎VID-19』こと、コロ浪晋太郎です>と、ネット上でつけられたあだ名を逆手に取った自虐ネタを披露しつつ、感謝の気持ちを伝えた上で、『しっかりプレーで取り返せるよう頑張ります』と、挨拶している。前向きに野球に取り組もうとしているようです。やったことは褒められたものではないですが、コロナ騒動を契機に精神的に強くなり、一皮むけるきっかけになるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」