八村塁タイトルに追い風か NBA新人王候補“裏金疑惑”の波紋

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAの新人王候補に裏金疑惑が浮上である。

 昨年のドラフト会議でペリカンズから全体1位指名を受けたザイオン・ウィリアムソン(19)の母親とその再婚相手がスポーツ用品メーカーから金品の提供を受けていたという。複数の米メディアが10日(日本時間11日)に伝えている。

 記事によれば、両親はザイオンが大学バスケの強豪デューク大に進学する見返りとして、現金の他にウエアやシューズなどを提供されたとか。ザイオンがプロ入りする前までアドバイスを受けていた代理人事務所との契約トラブルに関する裁判の過程で明らかになったという。

 NCAA(全米大学体育協会)の規定では、コーチや選手、その身内らが企業などからの金銭授受を禁じている。発覚すれば、10試合以上の出場停止処分を科されるのが一般的だ。

 問題のザイオンは右膝半月板損傷で開幕から出遅れたものの、今年1月にNBAデビュー。コロナ禍により3月に中断するまで19試合に出場し、1試合平均23・6得点、6・8リバウンド、2・2アシストをマークしている。抜群の身体能力を生かして攻守にわたる活躍を見せており、新人王の有力候補の1人だ。NBAはレギュラーシーズン再開の見通しが立っていないものの、ザイオンの不正行為が事実なら出場停止処分が科される可能性はある。大学時代の規約違反であっても、NBAから「競技の信頼を損ねた」として、同様のケースで10試合前後の出場停止処分を科された事例は少なくない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平「初の本塁打王」は最終試合までヒリヒリか…ヤ軍ジャッジ固め打ちで猛チャージ

    大谷翔平「初の本塁打王」は最終試合までヒリヒリか…ヤ軍ジャッジ固め打ちで猛チャージ

  2. 2
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  3. 3
    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  4. 4
    元キスマイ、元V6メンバーが相次いで告発…現役グループの“性加害被害”にジャニオタ悲鳴

    元キスマイ、元V6メンバーが相次いで告発…現役グループの“性加害被害”にジャニオタ悲鳴

  5. 5
    中森明菜がマッチ宅で自殺未遂…「金屏風前会見」の顛末

    中森明菜がマッチ宅で自殺未遂…「金屏風前会見」の顛末

  1. 6
    東山紀之新社長の二面性、TVマンが見た“ウラ”の顔は「番組降板時にCPを睨みつけ、無言で楽屋に…」

    東山紀之新社長の二面性、TVマンが見た“ウラ”の顔は「番組降板時にCPを睨みつけ、無言で楽屋に…」

  2. 7
    大関・貴景勝の4度目Vに批判殺到!優勝決定戦で平幕相手に「小細工&注文相撲」の愚策

    大関・貴景勝の4度目Vに批判殺到!優勝決定戦で平幕相手に「小細工&注文相撲」の愚策

  3. 8
    麻生太郎副総裁が公明党を「がん」呼ばわりの大暴言! 自公関係は再び決裂か?

    麻生太郎副総裁が公明党を「がん」呼ばわりの大暴言! 自公関係は再び決裂か?

  4. 9
    NHK「どうする家康」…ジャニーズ4人出演の“メルヘン大河”でも視聴率10%キープのナゾ

    NHK「どうする家康」…ジャニーズ4人出演の“メルヘン大河”でも視聴率10%キープのナゾ

  5. 10
    大阪万博パビリオン建設「時間切れ」に現実味…参加予定のチェコが明かした“盲点”とは

    大阪万博パビリオン建設「時間切れ」に現実味…参加予定のチェコが明かした“盲点”とは