八村塁25%年俸減額は痛くも痒くも 異例「副収入」の存在

公開日: 更新日:

 レギュラーシーズンを中断している米プロバスケットボール(NBA)と選手会は、他のプロスポーツに先んじて年俸カットで合意した。

 NBAでは伝染病や政府命令などの「不可抗力」が生じた場合には、中止した試合数に応じて全選手の年俸を減額できると労使協定で定めている。各選手とも、5月15日(日本時間同16日)の支給分から年俸が25%カットされる。

 米4大プロスポーツで最も高給取りが揃うNBAでは年俸を24等分し、毎月1日と15日の2回に分けて支給される。今季、ワシントン・ウィザーズに入団した日本人ルーキー八村塁(22)の年俸は約4億9000万円で、月に2度支払われる1回の額は約2042万円。1回当たり、約510万円カットされる計算だ。レギュラーシーズンは6月中旬に終了するため、ルーキーフォワードは今季、約1530万円の減額を強いられる。

 ルーキーイヤーから手取りが減るとはツイてないが、八村には痛くもかゆくもない。

 実は年俸以外に莫大な副収入があるからだ。八村は昨年6月の入団早々に合意したジョーダン・ブランドを皮切りに、食品や時計メーカー、大手通信企業など、計7社とスポンサー契約。コート外だけで10億円を稼いでいるとみられる。一時は、故障で出遅れた昨年のドラフト全体1位で、八村と同期のザイオン・ウィリアムソン(19=ペリカンズ)を抑えて新人の稼ぎ頭だった。

 年俸とは違い、シーズンが中断しても、故障で欠場しても、各スポンサー企業からギャラは支払われる。日本人初のドラフト1巡目指名のブランド力は簡単に揺らぎそうにない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変