山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

コロナで露呈…阪神の後手対応と在阪マスコミの責務放棄

公開日: 更新日:

 阪神藤浪晋太郎ら3選手が新型コロナウイルスに感染したことについて、阪神球団の対応が問題視されている。感染の原因とされる3月14日の食事会が一部報道によって合コン的な集いであったことが発覚。詳細は割愛するが、当初球団はそれを公表しなかったため、隠蔽にあたると批判されているわけだ。

 阪神球団がマスコミに対して不都合な事実を隠蔽しようとしたり、なんらかの圧力をちらつかせてネガティブな報道や言論を自粛させようとしたり、つまり都合良くマスコミを操作することは別に今に始まったことではない。

 私が知る限り、阪神球団の意にそぐわなかったために直接取材の禁止を言い渡されたメディアもある。また、新聞や放送で報じられた批判的な言論に対して阪神球団から後日クレームが入った、などといった事例も数々見聞きしてきた。

■顔色をうかがうばかり

 阪神がそれだけマスコミに対して強気な姿勢でいられるのは、関西で絶大な人気を誇っているからだ。とりわけ関西のスポーツ新聞や放送局にとって阪神ネタはキラーコンテンツであるため、各社は阪神球団や選手たちから嫌われないように先述したマスコミ操作に従うことを基本姿勢としている。だから関西のスポーツ系情報番組などでは、事前打ち合わせの席で「これは言わないほうがいい」「このネタは扱わないでおこう」といった、自主規制の確認みたいな会話が普通に交わされる。阪神球団の顔色をうかがっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽