がけっぷち萩野公介 競泳五輪派遣標準クリアに必要なもの

公開日: 更新日:

 長引く不調からの復活を目指すリオ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介(25)が21日、高地トレーニングを行うため合宿地のスペイン・シエラネバダに向けて出発した。

 現地では3月末まで、泳ぎ込みの他、陸上トレを続け、五輪選考会を兼ねた日本選手権(4月1日開幕=東京アクアティクスセンター)に向けて最終調整を図る。

 シエラネバダ合宿は所属するチーム平井の恒例行事。日本代表も同地で合宿を張っており、萩野は過去にも現地でハードな練習をこなして、シーズンに備えてきた。同い年のライバルで、すでに東京五輪代表が内定している瀬戸大也に大きく水をあけられた萩野にとって、今回の高地トレは本来の泳ぎを取り戻すラストチャンスだ。

 標高2300メートルのシエラネバダは酸素が薄く心肺機能の向上はもちろん、実は泳ぎのフォームを固めるのに最適な地とされる。リオ五輪後に右肘を手術した影響もあり、圧倒的な強さをみせたかつての泳ぎから遠ざかっている萩野には、スタミナ同様、フォーム固めが復活のカギを握る。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小倉一郎さん「がん」が肺、胸骨、脳の4カ所に…大病を機に、やりたい3つのことすぐ行動に

    小倉一郎さん「がん」が肺、胸骨、脳の4カ所に…大病を機に、やりたい3つのことすぐ行動に

  2. 2
    ポスト三浦瑠麗は決まりか… 岩田明子氏「めざまし8」「サンジャポ」出演を視聴者はどう見た

    ポスト三浦瑠麗は決まりか… 岩田明子氏「めざまし8」「サンジャポ」出演を視聴者はどう見た

  3. 3
    道端ジェシカ容疑者 МDМA所持の疑いで逮捕…母親は「しばらく連絡していない」と憔悴しきり

    道端ジェシカ容疑者 МDМA所持の疑いで逮捕…母親は「しばらく連絡していない」と憔悴しきり

  4. 4
    上田桃子まさかの大逆転負け…「バウンスバック率」が物語る“ミスで仏頂面”のマイナス

    上田桃子まさかの大逆転負け…「バウンスバック率」が物語る“ミスで仏頂面”のマイナス

  5. 5
    高市早苗氏こそ「国会軽視」…土日に“言い訳ツイート”20回超、シンパも心配する異常ぶり

    高市早苗氏こそ「国会軽視」…土日に“言い訳ツイート”20回超、シンパも心配する異常ぶり

  1. 6
    中居正広 WBC"静かなリポート"で体調不安説が再燃…元SMAPメンバーの活躍で奮起か?

    中居正広 WBC"静かなリポート"で体調不安説が再燃…元SMAPメンバーの活躍で奮起か?

  2. 7
    球児の“ペッパーミル”に審判ダメ出し 高野連の頭の中はいまだに「青春スポ根ドラマ」幻想

    球児の“ペッパーミル”に審判ダメ出し 高野連の頭の中はいまだに「青春スポ根ドラマ」幻想

  3. 8
    台湾新幹線の車両更新で「日本が逆転受注」のウラ事情 日台親善のうつろさ浮き彫りに

    台湾新幹線の車両更新で「日本が逆転受注」のウラ事情 日台親善のうつろさ浮き彫りに

  4. 9
    朗希のWBCメキシコ戦はメジャーの大品評会と化す “25歳ルール”クリアなら総額450億円契約も

    朗希のWBCメキシコ戦はメジャーの大品評会と化す “25歳ルール”クリアなら総額450億円契約も

  5. 10
    田中みな実と宇垣美里の明暗…キャラ丸かぶり元女子アナ「女優」で成功するのはどっち?

    田中みな実と宇垣美里の明暗…キャラ丸かぶり元女子アナ「女優」で成功するのはどっち?