鈴木大地は楽天入り 獲得参戦した中日が早々脱落したワケ

公開日: 更新日:

 ロッテからFA宣言し、4年総額7億円ともいわれる条件で楽天入りした鈴木大地(30)。残留要請をしたロッテ以外にも、巨人中日が争奪戦に参戦した。パ球団の編成担当が声を潜めてこう言う。

「鈴木自身は、ハナから楽天入りを決めていたわけではなかった。獲得調査をしていた巨人、中日にも関心を示していた。ただ、真っ先に脱落したのは中日だという。ネックになったといわれているのが、鈴木の母校・東洋大の先輩であり、日本ハムからFAで中日入りした大野奨の存在です」

 大野奨といえば、2008年ドラフト1位で日本ハムに入団し、主戦捕手としてプレー。17年オフにFA権を行使し、3年総額2億5000万円で中日入りした。谷繁が長年つけていた背番号「27」を受け継いだが、18年は63試合、今季はわずか34試合出場にとどまっている。

「捕手出身の伊東ヘッドが『勝てる捕手ではない』と手厳しく、今季は二軍暮らしが続いた。日本ハム時代は大谷翔平とバッテリーを組み、16年にはリーグ優勝、日本一も経験している。しかし、大野奨を獲得したのは、森繁和前監督。球団は加藤球団代表―与田監督体制に変わり、大野奨は事実上、構想から外れてしまった。三顧の礼で獲得したFA選手に対して、手のひらを返すような中日の扱い方に、鈴木が及び腰になったと聞いています」

 とは、前出の編成担当だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽