西武復帰の松坂 通算200勝達成は“ケガ完治”で最低何年?

公開日: 更新日:

 平成の怪物が古巣のユニホームに袖を通した。

 11日、西武復帰が決まった松坂大輔(39)が、都内のホテルで入団会見を行った。中日に在籍した今年は右肩の故障もあり、2試合で1敗。本人もそれは重々承知で、「期待していない人が多いと思うから、少しでも覆したい」と、復活を誓った。

 今年度の西武の防御率はリーグ最下位の4・35。中でも先発陣は壊滅状態で、防御率は4点台後半だった。まさに「松坂の手も借りたい」といったところではないか。

 とはいえ、故障がちのベテラン右腕頼みというわけにもいくまい。西武は2年連続リーグVながら、2年連続CS敗退の屈辱。ナインもリベンジに燃えている。ボロボロだった先発陣も、駒がないわけではない。今年7勝9敗の今井(21)や10勝6敗の高橋光(22)、7勝4敗の松本航(23)といった期待の若手に加え、ドラフトでは即戦力と評判の宮川(東芝)を1位で獲得した。

 2018年最多勝(16勝5敗)の多和田、同11勝の榎田は今年は精彩を欠いたものの、ポテンシャルは高い。さらに12勝1敗のニールも残留。彼らが額面通り、スペック通りの働きをすれば、それこそ松坂の出る幕はない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか