山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

西武復帰の松坂は印象的かつ木っ端みじんにはじけ散って

公開日: 更新日:

 松坂大輔西武復帰が決まった。実に14年ぶりとのこと。もうそんなに経ったのか……と感慨深い気持ちになった。

 横浜高校から西武に入団し、いきなり目覚ましい活躍をした平成の怪物の記憶は、今も鮮明に残っている。西武の絶対的エースとして君臨した8年間はもちろん、その後MLBのレッドソックスに移籍し、初年度は15勝、2年目は18勝を挙げるなど、つまり計10年間の松坂は本当にセンセーショナルだった。

 しかし、その後の10年間は故障の連続で苦しみ続けた。近年は衰えも見受けられる。もう39歳なのだから衰えは当然だが、活躍したのが最初の10年間で、活躍できなくなってからも10年経ったと思うと、松坂の活躍期間は案外短かったようにも感じられる。

 世間では、そんな松坂の西武復帰について「引退への花道」「客寄せパンダ」などと見る声が多いようだ。正直、私もそう思う。松坂は最後の花道を飾るために、いわば美しく引退するために、栄光の記憶が色濃く残る古巣に帰るのだろう。

 もっとも、西武の渡辺久信GMは会見中に「最後の花道というイメージはありません」と語り、あくまで戦力としてオファーしたことを強調していたが、そりゃあ公式にはそう言うしかないだろうし、それもまた本音にはちがいない。そもそも戦力としての復活をまったく期待していないと言うほうが嘘になる。期待はするけれど、過度な計算はしない。結果的に引退となったとしても、松坂本人はもちろん、育ての親の西武としても丸くおさまる。イチローの引退もそうだったが、今後はこういった古巣回帰の引き際が球界のトレンドになるかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す