元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

ゲンク伊東とブルージュ植田 ベルギーで目指す高みの正体

公開日: 更新日:

伊東純也(ゲンクMF)/植田直通(セルクル・ブルージュDF)

 欧州王者・リバプールとの欧州CLの激闘から3日が経ち、日本屈指のスピードスター伊東純也(ゲンクMF)は26日に再び本拠地・クリスタルアレナのピッチに立っていた。

 今回の相手は日本代表の同僚・DF植田直通が所属するセルクル・ブルージュ。今月7日にメルカダル前監督が更迭され、シュタルク新監督が就任したばかりだが、ここまでリーグ7連敗中の最下位に沈んでいる。昨季ベルギー王者のゲンクとしては負けられない一戦だった。

「正直、リバプール戦はずっと守備してたんで疲労が凄かった。監督が『今日は半分くらいスタメンを変える』と言ってたんでどうなるかなと思ったけど、自分は今回も先発。『行けるところまで全力でやってやろう』と覚悟して入りました」と快足FWは言う。

 異様な疲れを感じながらも、伊東は序盤から武器の速さとタテへの推進力を前面に押し出した。

 右サイドで上下動を繰り返して攻守両面に絡み、多彩なクロスで得点機を次々と演出する。そのハードワークと献身性がなければ、今季のゲンクは成り立たない。それくらいの絶大な存在感を90分間、示し続けたのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今