楽天・平石監督が無情の退任…続投DeNAラミ監督とは好対照

公開日: 更新日:

 10日、楽天の平石洋介監督(39)退任が発表された。石井GMは「二軍統括」という新設のポストを用意。「僕は監督が最後の職だという古い考え方は持っていません」と説明したが、わずか1年で監督のユニホームを脱ぐことになった。

 平石監督は成績不振で辞任した梨田監督の後を受け、昨季途中から代行として指揮を執った。今季は前半戦、則本昂や岸、田中を欠きながら首位を快走。辰己、渡辺佳らルーキーを起用して昨季の最下位から3位に浮上させると、CSファーストステージでもソフトバンクと最終戦にまで持ち込む接戦を演じた。

 一方、セ・リーグ2位でファーストステージ敗退となったDeNAのラミレス監督は続投。来季で就任5年目となる。

 レギュラーシーズンの順位を比較すれば、楽天は3位、DeNAは2位。ラミレス監督の方が結果を出したようにもみえる。しかし、3位阪神とはわずか0・5差。奇策がハマる試合もあったが、裏目に出て愚策に終わったことも少なくなかった。

「ラミレス監督は、データによる采配を重視する一方で、サプライズ起用も多い。結果が吉と出ればいいが、裏目に出れば選手の不信感につながる。CSでは阪神に相性の悪いエスコバーを回またぎさせたり、不調で3試合しか登板していないバリオスを起用したり、チグハグ。投手交代では三浦投手コーチと意思疎通ができていなかった。首脳陣とのコミュニケーション不足は、かねて問題視されていた」(横浜OB)

 各球団の“事情”があるとはいえ、平石監督よりも先にクビにすべき指揮官はいる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽