森保Jのアキレス腱は大迫“代役”不在 万能型FW招集できず

公開日: 更新日:

 2022年カタールW杯のアジア地区2次予選のモンゴル戦(10日=埼スタ)と、15日のタジキスタンとのアウェー戦の代表23人が3日に発表された。

「改めて森保ジャパンの問題点として、FW大迫の代役が見当たらないということがはっきりしました」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう続ける。

「ポスト役もこなせる万能型タイプのFW大迫は現在、太もものケガで戦線離脱中。代役を誰が務めるのか注目されたが、森保監督はセルビアのFW浅野、ドイツのFW鎌田を代表に復帰させてFC東京のFW永井を9月の代表戦から継続招集した。3人とも純粋なストライカータイプではなく、2列目から飛び出していくセカンドトップ型。特に永井と浅野はスピードが持ち味の選手です。ポスト役を任せられるFWを呼べず、同じようなスピード系のストライカー3人をFW登録として招集するところに、森保ジャパンの<ポスト大迫不在>を再認識させられました」

 9月10日のW杯2次予選ミャンマー戦に札幌所属FW鈴木が呼ばれ、後半途中から大迫と変則2トップを組んだことがあった。その鈴木がコンディション不良で招集できなかったことは森保監督も想定外だったはずだが、鈴木も「ポスト大迫」と呼べるほどの存在感を示しているわけではない。森保ジャパンのアキレス腱は解消されないままだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感