強力な選手獲得ルート消滅…竜が森SD切りで払う大きな代償

公開日: 更新日:

 さすがに、チーム周辺では「大丈夫なの? これはヤバイ」と不安視する声が圧倒的に多い。中日が1日、森繁和シニアディレクター(SD)の今季限りでの退任を決定。矢野球団社長が本人と会談、「契約を打ち切るということ」と明かすや、「森さんが2004年にコーチとして中日に来てから、編成面は森さんの人脈にオンブにダッコ」「特に森さんがつくり上げた外国人獲得のパイプはこれでゼロになっちゃう。どうするつもりなんだ」との声がチーム関係者からも上がっているのだ。

 実際、国内外に張り巡らせた森SDの情報網はトレード、FA補強、助っ人獲得に大きな威力を発揮。ドミニカ共和国の球界では「ミスター・モリ」の名は隅々にまで浸透し、キューバ球界との窓口にもなっていた。最近は、腹心のデニー友利氏を国際渉外担当として米国に派遣し、米球界にも強固な選手獲得ルートを構築。そうやって獲得した、しかも格安の選手たちが中日の戦力になったのは周知の事実だ。

「森さんが退団すれば、編成面をイチからつくり直さなければいけなくなります。その面倒見の良さから入団後も助っ人たちに慕われ、契約延長交渉をまとめてきたのも森さん。このオフは主砲のビシエド以外の4人の外国人(育成契約を除く)の契約が切れる。特にリリーフで活躍したロドリゲスとマルティネスは他球団に狙われている。そんな状況で森さんが退団するとなれば、彼らとの残留交渉も難航必至です」(球団関係者)

 中日は今季終了後、小笠原二軍監督をはじめ落合博満元GM派といわれる人材を一掃するかのような人事を行っている。森SDの“クビ”もその延長線上にあるともっぱらだが、大きな代償を払うことになりそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感