5連敗にエース菅野も腰痛抹消 投壊巨人を襲う“地獄の連鎖”

公開日: 更新日:

 今季11勝(6敗)の巨人のエース菅野智之(29)が5日、腰痛のため、出場選手登録を抹消された。

 菅野は4日の中日戦で2回5安打4失点。44球で降板し、原監督は「正常ではない」と話していた。5月下旬にも登録抹消となっており、今季2度目の腰痛での戦線離脱となった。

 そんな緊急事態の中、この日の中日戦に先発した桜井は7回を1安打無失点。「今シーズンで一番良かった」と原監督に褒められる好投を見せた。打線は0―0の七回にゲレーロが均衡を破る先制弾。さらに丸の犠飛でリードを2点に広げたが、直後の八回に暗転した。

 桜井の後を受けた2番手左腕・中川が2死一、三塁のピンチを招き、代打で登場した20歳・石垣にプロ初打点となる左翼線二塁打を浴びて1点差。さらに3番手・マシソンが福田に初球を左中間へ運ばれ、これが2点適時二塁打となって試合をひっくり返された。

 中川は前日に4点ビハインドの場面で登板していた。今季は一時、抑えを務めるなど大車輪の働きで勝利の方程式の要を担うが、先発菅野が2回で降板したため、しわ寄せがきていた。にもかかわらず、原監督には「(マシソンが手痛い一打を打たれた?)やはり(その前の)中川がね……。ストライクを取ることに一生懸命になるようでは抑え切れない」と苦言を呈されたから気の毒だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで